テーマ:小説

小説でも・・・その5

はい、続きです  「あのー・・・。」  「何か?」  「色々質問してもいいですか?」  「構いませんよ。」  「よし。じゃあ、そのとんがった犬歯、何に使うんですか?」  「もちろん、血を吸うためですよ。」  「注射器じゃないのかよ!」  「あぁ、この歯は・・・愛した人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説でも・・・その4

そろそろ終わらせたいです・・・ いったい何個に分ければ気が済むんだかww はい、続きです  「・・・きて・・・おきて・・・。」  誰かが呼んでる・・・。  「おきて・・・起きてください!」  渋々起き上がると目の前にいたのは母さん・・・じゃない!  「うわっ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説でも・・・その3

つづきです  どうやって説明しよう・・・とか思ってた俺は、家に入った瞬間、  脱力した。  いつもの騒々しさはそこにはなく、テーブルの上に書き置きだけが残されていた。  <ツッ君へ    リボーン君がみんなを旅行に連れて行ってくれるっていうの!    一週間後に帰ってくるから、お土産楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説でも・・・その2

と、いうことで・・・続きです  「ふぅん・・・。けっこう威勢がいいね。」  黒髪の・・・雲雀だっけか?が手首に力を込めながら、俺の顔を覗き込んでくる。  「イタッ・・・」  「でも弱い。こんな細い腕で僕から逃げようなんて、頭も弱いみたいだね。」  「あんまり苛めすぎてはいけまでんよ、雲雀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説でもかいてみようか

と、思い立ったはいいものの・・・ うん、書けない。 なので、マイ腐レンドが書いたのをのせてみよーと思います 本人の許可はちゃんととりましたよ∑(; ̄□ ̄A アセアセ タイトル未定なので、だれかいいのつけて下さいm(._.)m あ、リボーンのパロです。 腐要素は・・・無いと思…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more